嶋田窯の湯呑みとおろし皿が入荷しました

とても久しぶりに嶋田窯の湯呑みとおろし皿が入荷しました。 このなんとも言えない緑色。並釉(なみぐすり)を施し、通常は酸化炎焼成(完全燃焼)するところを、還元炎焼成(不完全燃焼)させることで青磁色を呈... Read More

湯呑みのかたち

お茶はもともとお茶碗というようにお碗で飲んでいましたが、だんだんとお茶用に特化して作られるようになり、片手でも持ちやすい縦長のかたちに変化していきました。そのかたちは濱田庄司型、金城次郎型など特徴的な... Read More

民藝のある食卓

民藝の良さを知る一番いい方法は、美味しいご飯を民藝の器で食べることだと思います。 我が家では季節に一度は人を呼んで、民藝の器で食事する機会をつくるようにしています。持ち寄りパーティーにすればお互いの料... Read More

嶋田窯の器が入荷しました

石見焼の窯元の中で、いまだに登り窯で焼成を続けている唯一の窯、石州嶋田窯。島根県江津市で昭和10年(1935年)に開窯されてから、80年以上登り窯に火を灯し続けています。 石見地方の土質は鉄分が少な... Read More

石見焼・嶋田窯の器

この夏、久しぶりに石見焼・嶋田窯の器が入荷しました。 石見の土質は鉄分が少なく、非常に硬いのが特徴です。磁器に近い半磁器のようで、その水漏れがしにくい土質を利用して、塩を入れる甕(かめ)や藍甕、大きな... Read More

丼のすすめ

お皿や小鉢は色々なサイズ、色々な柄を集めて数が増えていきますが、丼を何種類も買うことはありません。でもその分ひとつの丼を使う頻度は他の器よりも高いように思います。それが美しいお気に入りの器であればなお... Read More

季節のケーキ

「お菓子と民藝」イベントでお馴染み、鎌倉のケーキ屋さんPOMPONCAKESにケーキを買いに行きました。 行くたびに旬の果物のタルトやパイが並んでいます。 ブルーベリーのタルトを宮内窯のお皿にのせ... Read More

最近入荷したもの

自分で選んで仕入れたものはどれも愛おしく、全部ブログでご紹介したいのですがなかなかそうもいかないので、今回特におすすめしたい新入荷の器をご紹介します。小鹿田焼、砥部焼、森山窯。どれも異なる産地のまった... Read More

食卓の風景

先日我が家で持ち寄りパーティーをしました。 いろいろな食べ物を手仕事・民藝の器にのせて美味しくいただくことが、器の良さを知る一番いい方法だと思いますので、定期的に友人を招いています。実際にそれを機に友... Read More

嶋田窯の器が入荷しました

春の食卓によく合う、石見焼・嶋田窯の器が入荷しました。 石見の土に並釉(なみぐすり)という透明な釉薬を掛けて還元焼成するとこのような綺麗な緑色になるのだそうです。 以前入荷したものはもう少し薄い緑色... Read More